高齢者ケアと人工栄養を考える─本人・家族のための意思決定プロセスノート─

ISBN 978-4-906829-17-0
販売価格
1,404円(税104円)
購入数

日本老年医学会『ガイドライン』の理念を実現するために本人と家族を支える意思決定プロセスノート!

書籍情報

  • 著者 清水 哲郎・ 会田 薫子
  • 定価1,404円(本体1,300円+税)
  • B5判/80頁/オールカラー/図11点、表4点
  • ISBN 978-4-906829-17-0
  • 発行日:2013年6月4日(第1版)

本書の特長

  • 本書は、「食べられなくなったら、どうしますか?」という問題に出会った高齢者ご本人やそのご家族が、納得しながら順序良く、どうしたら良いかを選ぶことができるように応援します。
  • 食べる代わりに、胃ろうなどによる人工的水分・栄養補給(AHN)をするかどうかを考えなければならないことがあります。その各方法には特徴があり、ご本人の状態によってはその特徴が利点になることも欠点になることもあります。本書はこれらの特徴についてわかりやすく説明しています。
  • ご本人の状態によっては、人工的水分・栄養補給をしないほうが良い場合もあります。 そのような場合、自然にゆだねることは本人にとって最も苦痛の少ない最期になることを説明しています。
  • どうするかを選ぶ際には、ご本人にとっての最善の道を、ご本人のこれまでの生き方や価値観にもとづいて考えることが大切です。本書はこのような考え方で、関係者が一歩一歩、意思決定を進めることができるように作られています。
  • ご本人を中心として家族や医療・介護従事者らが共同で納得できる意思決定に至ることが大切です。本書は、そうした共同決定の道筋をたどることができるように作られています。
  • 本書は日本老年医学会の『高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン―人工的水分・栄養補給の導入を中心として』に準拠しています。

目次

  • 食べられなくなったとき
  • PART : 食水分・栄養をとるためのいろいろな方法について理解しましょう
    • 1. 経腸栄養法
      • 1-1. 胃ろう栄養法
      • 1-2. 経鼻経管栄養法
      • 1-3. 間欠的口腔食道経管栄養法(OE法)
    • 2. 非経腸栄養法
      • 2-1. 中心静脈栄養法
      • 2-2. 末梢静脈栄養法(末梢点滴)
      • 2-3. 持続皮下注射
    • 3. 人工的水分・栄養補給は行わない(=自然にゆだねる)
  • PART : 人工的水分・栄養補給をどうするか考えましょう
    • ステップ1. どなたのことですか/どうなさいました
    • ステップ2. ご本人の生き方、価値観や人柄について
    • ステップ3. 人工的水分・栄養補給は有効でしょうか
    • ステップ4. 何を目指しますか
    • ステップ5.    
      • A. どの人工的水分・栄養補給法にしましょうか
      • B. どの人工的水分・栄養補給法にしましょうか
      • ─それともどれもしないでおきますか?
  • まとめ.
    • 関係者の意見は一致しましたか/選んだ後のケアの進め方
    • 付録1 選択プロセスのまとめ(フローチャート)
    • 付録2 選択に迷った時のヒント集Q & A
    • 付録3 水分・栄養補給法とその良いところ・困ったところ
    • 意思決定プロセスノート記入例

読者対象

一般市民、患者家族、高齢者医療・ケアに従事する医師・看護師ほか医療関係者・介護関係者

返品について

返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。 
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。 

配送・送料について

ゆうメール/ゆうパック/クリックポストほか
 

支払い方法について

クレジットカード決済

 
銀行振込:ゆうちょ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
銀行振込:三菱東京UFJ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
商品代引き(ゆうパック・ゆうメール)